行政書士試験の低い合格率の理由

行政書士試験の合格率が低くなる要因を説明します

行政書士試験の合格率が低い原因とは

受験制限がないため合格率が低くなります

行政書士試験は難易度が高い試験ですが、難易度以外にも合格率が低くなる誘因があります。試験については、年齢や学歴などに関係なく誰でも受験出来ます。 こうした受験制限なしの誘因で、申し込みを入れる人が多くなる傾向にあります。 学歴並びに実務経験を受験制限としてセッティングしている試験であれば、精通している人、知識があって受験する人が多い傾向にあることから、学力レベルも相対的に高くなります。しかしながら、受験資格がない場合は、受験生の属性が雑多になります。 合格に関する基準は受験者数の比率で合格者を決めるのとは異なって、単に問題の60パーセントが取れてるか否かにかかってきます。ですので、合格見込みが低い方も含めた合格率となるため、合格率もどうしても下がってしまうことになります。

国家試験では、専門知識を問う試験、あるいは複数科目に及ぶ試験を行うものならば、科目合格システムを設定している試験もいくつかあります。しかしながら、行政書士試験は、そうした科目合格制度も無く、一年に一回の一発勝負ということになります。 科目合格の持ち越しが不可能な場合、得意科目において満点でもふたたび学習をしいられるので、苦手科目にさける時間も制限されます。 それから、行政書士試験は法律試験であるため、法改正が施された場合は、新情報を上書きすることが求められます。 得意分野でもそのような措置が入ったケースでは、ふたたび勉強せざるを得ないことから、受験側としては苦労を強いられます。 1年を通じて、苦手科目を無くし、得意科目でしっかりと得点できる学力を付けることが行政書士試験を克服する重要ポイントとなるため、試験としてハードルは高いと言えます。

難易度の非常に高い記述式があります

行政書士試験については、記述式問題といったハードルの高さがあります。択一式の問題でありますと、最悪の場合無造作にでも選択してしまえば運良く正解していることもあり得ますが、記述式に関しましては、偶然が全く通用しない問題といえます。具体的には、40字程で設問に対する回答に取り組むことになります。そのため、しっかりと試験対策を実施していなければ正解することはほとんど無理といえます。 要するに、記述式の対策を実施しているかしていないかで行政書士試験の合格か不合格かが分かれてしまうと言っても過言ではありません。そして、行政書士試験のなかなか合格しない理由の一役を担っているというわけです。

人気記事ランキング