行政書士の業務の内容に関して

行政書士の業務の中身と特徴を説明します

行政書士の就労内容及び流れとワークスタイル

実際に行われる仕事の内容について

行政書士の業務の内容は、個人や法人など、多種多様なクライアントからの依頼を受け、官公署に出す必要な関係書類の作成並びに申請を代行することになります。 それを受けて、代書屋と言われることもありますが、業務に関する範囲は、シンプルな書類作成に関する業務から始まり手間がかかるコンサルティングに関する業務に至るまで多方面にわたって、活躍の場がます。 それに加えて、行政書士が作る書類の大半は許認可に関するものであり、1万種類をオーバーするともいわれるぐらい、広範囲にわたっています。

主要な役割及び実行される業務スタイル

行政書士の業務では書類作成に関する業務が非常に多くを占める為に、業務スタイルも、オフィス内でのデスクワークを想定されることが多いです。 しかし、実務を実施するにあたっては、クライアントとの話し合いや必要な関係書類の提出など、外出に関する業務が多くなります。 行政書士によりましては、自分自身の得意とするフィールドに限定したサービスを取り扱っている人もいます。 人が生活を送る中において、そして法人運営する局面で、官公署へ出さなければならない必要な関係書類は数多く存在します。 しかしながら、専門的な知識を持たない方が現実にそういった必要な関係書類を作成しようともなると、手間のかかる内容であったり、困難な手続きのために、応じるのが困難であるというケースも少なくありません。 そういった状況に対して、行政書士は法に基づいた国家資格保持者という形で法的知識を持って、手間のかかる事務処理をスムーズに行うという役割を背負っています。

仕事の一連の流れ並びに主な働き方

業務の動向としては、まず第一にクライアントから悩み事を聞いて、構築する書類に対しての打ち合わせを実施します。 内容に応じて、書類を構築するためのいろいろな資料収集を実施して、官公署へ出す資料を制作し、出します。 書類提出には多くの場合期限が取り決められており、クライアントの希望しているスケジュールによりましては急いで対処しなければならない場合も多く、忙しくなることも少なくありません。 出した書類に対しまして、官公署サイドから許認可等を受けることになると、クライアントに対しての連絡や対処をします。 行政書士の形での働き方は、事務所に勤める人と、開業する人に分かれることになります。 事務所に勤める場合、勤務場所によって内容が違う場合も多く、加えて給料や福利厚生面といった処遇も違います。 将来において、独立を考えているケースでも、さしあたって事務所で多種多様なキャリアを積み重ねている人も多くみられます。

人気記事ランキング