行政書士の仕事に関する基礎知識

行政書士の業務について説明します

行政書士の主な仕事内容及び特徴

書類の作成や申請などの代行をします

行政書士については、個人並びに会社といった法人まで多岐に亘って依頼を受け、各省庁もしくは都道府県それから、市役所や町や村役場などに出す書類の作成及び申請を代行する仕事になります。 現代では、書類作成並びに手続きの代行のみならず、コンサルティングに関する業務に至るまで実行している行政書士も増えており、仕事の幅が広がっています。行政書士の主な業務内容の書類作成の大部分は、官公庁に向けた許可認可に関するものといえ、取り扱う書類に関しては細々としたものを含めると9000種類以上と言われています。一般や、法人で手続きを自分で制作すると、込み入った内容が多く相当骨を折る作業となります。しかしながら、行政書士でしたら専門知識を活用して、手間のかかる事務処理を代わりにしてくれます。

書類作成がメインとなる仕事ですから、業務の内容についても机へと向って書類作成のための必要な作業を実施する印象があります。実際のところは、依頼主に対してのミーティング並びに書類提出などがあります。現実には出先での仕事も相当多いです。主だった仕事の一連の流れとして、まず 依頼者からの相談を受け書類について打ち合わせをします。 依頼者先に足を運ぶなどケースバイケースになります。 書類の中身に関する資料を回収して、市役所などへ出す資料を作り上げて出します。 出した書類の許認可を受け依頼者へ連絡することになります。 大部分は、期限が定まっているので、その期限にしたがって早急に対処しなければならないこともありあわただしい時もありますが、その分だけ取り組みがいのある業務といえます。

仕事の仕方は大きく二つに分かれます

行政書士の仕事の仕方には、おおまかに分けると事務所へと勤める場合と一個人で開業する場合があります。 事務所勤務の場合、原則として会社員と同じです。ですので、行政書士業務をこなしながら給与がもらえますが、水準としては高給ではありません。 そのあたり、開業した場合は、報酬に関してはそっくりそのまま入るため、事務所勤務と照らし合わせると収入面は多く期待ができます。しかしながら、やはり一個人で実施することは営業もしくは事務処理も合わせて個人で行うことが求められ、それが無い状態fr独立すると良くない状況に巻き込まれることになります。 したがって、独立を考慮している方のほとんどの場合は、先に事務所勤めでキャリアを積み得意とする分野を見つける、それから営業能力を付けたうえで、開業します。 さらに、行政書士のみでは業務範囲が制限されてくるため、社会保険労務士やファイナンシャルプランナーといった資格をもち、活動出来るように事前準備する人も増えています。

人気記事ランキング