行政書士の権限の概要

法律上での公文書作成業務がメインの行政書士の権限

公文書作成権限以外で行政書士が出来る事

公文書作成の権限を通じてメインでない事への介入

その名の通り、いわゆる「行政書士」といったものは、その国家資格の範囲内でしか権限を有していないものであり、基本的にその範囲以外の事を行う事は禁止をされています(行政書士法の規定等)。しかし、そうした権限の範囲内での事でありさえすれば、どのような事でも可能になりますので、その点に関してよく理解をしておく事が、とても大切です。例えば、身近に何か自治体や国などへの申請をしたりする事を考えておられる方がいて、それを中々、法律上は可能であるのに、申し出で機関がその管轄規定にある指定をされた、自治体や国その他の諸機関であるのにも関わらず、実際にはそれにそれらの各機関が応じなかったりした場合、代わりにその申請手続きなども出来る権限とかがありますので、そうした形での介入とかは可能です。確かに、弁護士のみ、司法書士のみ、調査士のみなどといった、法的な制限とかはありますが、そられに触れさえしなければ、十分に可能な場合もあります。

同国家資格者がやってはいけない事について

これも先の本文1のところでも話した、法律上の行政書士の資格そのものにおいての権限での制限範囲の事になります。中々、事案やケースなどによっては、法律上における判断が難しい事などもあったりはしますが、それでもやはり、法的な根拠がありさえすれば、介入が可能である事もありますので、十分にそれだけ、法律の専門家としての知識を備えておく必要性があります。ただ、先にも話したように、公文書作成の面を踏まえたりした上での範囲内でありさえしたら、そのような状態での介入が必ず出来ますので、それだけに、行政書士資格での権限の限界をよく理解をしておく事はまさに、必須なところでもあります。中々上手くいかない介入のケースとかもありますが、そこはやはり、同資格者としての機転の利かせ方、法的判断での柔軟な思考力とかも、間違いなくものを言います。

可能な権限を通じた社会的な諸活動

今度は、同国家資格者である方が、その法的権限内での限界を踏まえたりした上で、社会的な諸活動が可能であるかどうかについて、触れてみます。この場合、やはり、実際に日常生活面においての結び付きが強い申請、申し出で、サービス利用面での際において、公文書類とかが存在したりするケースなどにおいては、社会的諸活動としての介入が可能である場合もあります。こうした場合では、必ず、関連公文書類の事が存在する、あるいはし得る可能性がある事が前提という条件があります。そうしたあり方を忘れずに、諸活動を行ったりしていく形が必要になります。

人気記事ランキング